即興ダンス公演『みみをすますー谷川俊太郎同名詩集(福音館書店)よりー』無事開催することができました。

朝少し早めの出発となり。荷物をきこきこ引きずり、

車に乗り込みましたら、雨がぽつぽつ。。。や、やばい(><)、晴れと言っていたのに! と焦りましたが到着したら、雨は止んでおりました。

雨は降っていなかったのですが、公園の足元を見ると。。。。。。。。。下見の時にはなかったメタセコイアの実でしょうか。絨毯ののように敷き詰められており、びっくり。さすが野外。(==;。


少したって、岩下さんが到着。衣装チェックをしてスタッフは靭テニスセンターへ。






本番まで岩下さんは会場でしばらく体を動かされ、その後スタジオへ。じっくり、ゆっくり、岩下さんは場に溶け込んでゆきます。撮影で今回ご協力くださいましたカメラマンの野口英一さんが到着すると、まるでカメラマンとダンスのセッションのようになったとか。見たかったなぁ。

 

(撮影:上から②,③,④ 野口英一氏)

 

 

 

 

会場にはたくさんの方々がお越しくださり、靭公園は日常をはぎ取られ、岩下さんのdanceと、ご来場くださった方々から立ち上がる舞台。木々や話し声、道の騒音、通り過ぎる人の戸惑いや、好奇心、犬の鼻先、靭公園にはたくさんの音や視線があふれていて、岩下さんの身体は出会い、予測できない未来へと流され、吹かれ、そんな姿につい釘づけとなってしまいます。




とにかくずーーーと見ていたい。という気持ちが溢れて仕方なく、終りの合図をなかなか出せませんでした(^^;。

企画者でしたのでなかなか落ち着いてみていられなかったのですが、今度はゆっくり味わいたいという欲求もありつつ、次回はどこでみみをすまそうかなぁ、なんて思ってしまいます。

 

 

 

長期間準備の段階から支えてくださったみなさま、ご来場、ご協力くださいましたみなさま、撮影の野口さん、トークセッションの進行をお引き受けくださった宇高さん、スタッフとしてお手伝いくださった上野さん&上野さん(たまたま同名)、公園の使用許可をくださった公園事務所のみなさま、そして岩下徹さんにこころより深く感謝申し上げます。

 

(KIKU)

①
②撮影:野口英一
②撮影:野口英一
③撮影:野口英一
③撮影:野口英一
④撮影:野口英一
④撮影:野口英一
⑤撮影:KIKU
⑤撮影:KIKU

即興ダンス公演『みみをすますー谷川俊太郎同名詩集(福音館書店)より』下見&打ち合わせ

昨年より進めてまいりましたこの企画も、あっという間にあと一週間で本番を迎えることとなりました。



桜が散り、たくさんの雨を受けた葉がすくすくと伸びて、

緑はぐんと深まりました。



下見と打ち合わせの為、先日会場となる公園へ向かい

ましたら・・・すでに岩下さんが待っており、いえ、舞っておりました。できればいつまでも眺めていたかったですが(^^;。


yukiさんが持ってきてくださったシートを敷いて、

ピクニックのような打ち合わせ。丁寧に岩下さんが

向き合ってくださるので、とても心強く準備してゆけ

そうです。本番に弱い私ですが、しっかり楽しみつつ

実現させてゆきたいと思います。


だれよりも楽しみかもしれない企画者でございますが、

テンションあげすぎずに!、がんばります☆


(KIKU)








靭公園にも春の訪れがゆっくりと

即興ダンス公演の舞台となります靭公園にも

春の予感が漂っております。

 

4月になれば桜は満開でたくさんの人が集うの

だろうなぁ、と、昨年のお花見企画のことを

思い出したり。

昨年の4月は同じこの靭公園東園で突然即興ダンスと

音楽がお花見をする人たちの中で始まるという

パフォーマンスをたくさんの方々にご協力いただき、

開催することができました。

日常の中に立ち現われる非日常は桜の本質を

見ぬくような姿でたくさんの方を魅了しました。

 

日常の中で立ち上がる表現への興味は尽きることなく

またここでおもいきり楽しみたく、またたくさんの方々に

自由な感覚をもって触れてもらえたら幸いです。


(KIKU)

 

 

 


岩下徹『みみをすます』&『少しずつ自由になるために』フライヤー完成

 

2年前の夏は民族楽器を使った生演奏を、昨年の春は、桜の花の下で開催されましたお花見企画。

この人は本当にすごい! カッコイイ!と惚れてしまう

と大変我儘に企画を実行してしまいますが、

こんな世界今まで知らなかった!という人が、素敵な表現に出逢える場になりたい、触れることのできる場になりたい、チャンスが誰にでも訪れる場になりたい、という気持ちが今も止まらず。

今まで実現が難しいと思えたことも、本当にたくさん助けていただいて、素敵なイベントを開催することができました。

 

 

本当にこころから感謝申し上げます。

 

そして今年は即興ダンス&山海塾の舞踊家である岩下徹さんをお招きしてのダンス公演&ワークショップ。

10年前に出会ったときに衝撃を受け、すっかり魅了された岩下徹さんの世界。この10年、企画をまさか実現できるとは思っておりませんでした。とても嬉しいです。

 

フライヤーも完成し、準備を進めております。また一緒に今年も新しい世界に、わくわく、どきどきできたら幸いです!

 

 

詳細はHPにアップしております☆→ 『みみをすます』



(KIKU)

 


『桜、さくら、花がソノ葉ニ、カワルマデ』開催

頭の中でふっと、ひかりがともるように

ぼんやり浮かんだひとつの、おもいつきが。

 

やりたいこととなって、そこから具体的に

なっていくおもしろさ、をイベントの企画を

通して実感しております。

 

しかし自分のおもいつきだけ

では、なにも始まらず。

 

今回のお花見企画では、まるで日常の

延長のようにして過ごす桜の下の宴会。

それも気晴らしとしていいことなのかも

しれないけれど、桜の木の下であること、

それがどんなに非日常であるかということ、

「それは突然目の前に現れる」、という体験

したいな、ほしいな、と思ったのでした。

 

びっくり、受け入れがたい、なんじゃこりゃ!

おもしろい! どう感じていいのか、等々、

そういう異質なものとの出会いがもっと

日常の中に身近にあってほしいと。

 

そして、今回のお花見企画。私の想像を

遥かにこえて、本当に素敵な時間が訪れました。

 

おもったよりもずっと、不思議そうに見ている

人や興味深く眺めている人、写真を撮る人、

一緒に踊る人、笑う人、びっくりして逃げる人、

いろんな反応があって本当に楽しかったです。

 

 

黒子さんと伴戸さんの今昔の妖花から色を奪ったような鮮やかな赤、桜との距離、舞、

 

向井さん、松本さん、辰巳さんの即興演奏の積み重ねがあるからこそでしょうが、世界を広げ、または寄り添う音の多様性、パフォーマンス、

 

飛び入りで参加してくれたパフォーマーの方々。

そして今回この場を楽しみにしてくださった方々が、とてつもなく安定感のある、美しい世界を創り出していて、私はどっぷりそこに浸ってひたすらシャッターをきっておりました。

 

 

やりたいとおもってたことが形になるということは、私の想像を超えて行くことなのだなぁ、とそれでいて、今、自分が思い描いていた世界とぴったり寄り添ってくれるような不思議な感覚。

 

 

今回、みなさまのおこころと、温かさに助けて頂かなければ、立ち上がらなかった、この世界。この時間。おもいつきだけでは、なにも始まらない。こころから、感謝を申し上げます。

 

 

これからも本気で遊べますように。

 

(KIKU)